So-net無料ブログ作成

<B型肝炎>福岡地裁でも和解勧告 札幌地裁に続き(毎日新聞)

 集団予防接種で注射器が使い回されたことが原因でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者ら133人が国に総額47億5200万円の損害賠償を求めた「B型肝炎九州訴訟」で、福岡地裁(西井和徒裁判長)は26日、原告・被告双方に和解勧告した。全国10地裁で係争中のB型肝炎訴訟で、和解勧告は12日の札幌地裁に続き2例目。相次ぐ和解勧告は国に和解に向けた本格的な対応を迫ることになりそうだ。

 原告側弁護団によると、西井裁判長は次回期日(5月17日)をめどに和解協議に応じるか否かの検討を双方に促した。和解協議に入る場合は具体的な救済内容の協議を進めたいとの意向も示した。

 勧告対象は今月24日に第9陣で提訴した原告11人をのぞく原告122人。幼少時に国による集団予防接種を受けてB型肝炎ウイルスに感染したり、集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染した親から母子感染したとされる。

 B型肝炎を巡っては、最高裁が06年6月、注射器の使い回しを放置したとして国の責任を認め、原告5人の勝訴が確定している。

 国内には推計100万人前後の感染者がいるとされるが、国は感染の因果関係が明確でないとして一律救済を拒否。そのため患者らは08年3月の札幌地裁を初めとし、東京や福岡など全国10地裁に順次提訴。26日現在、全国の原告数は419人となっている。

 厚生労働省は「福岡地裁からの提案については政府部内で対応を検討する」とのコメントを出した。

 ×   ×

 和解勧告を受け、原告側は福岡市内で記者会見。小宮和彦・九州弁護団長は札幌地裁に続けての和解勧告について「被害者・原告の声を裁判所が聞き届け早期に和解解決するよう国に求めた」との見方を示し「国は即刻和解協議に入るべき」と指摘した。また、谷口三枝子・全国原告団代表は「札幌、福岡と続けての和解勧告で国の逃げ道はふさがれた。既に全国で9人の原告が死亡した。もう待てない」と述べ一刻も早く和解協議に応じることを国に強く求めた。

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:36人が追加提訴、原告419人に
B型肝炎訴訟:原告団が和解勧告受け入れ確認
B型肝炎訴訟:札幌地裁が国・患者側に和解勧告 全国で初
鳩山首相:B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示
B型肝炎訴訟:「いつ発症するか不安」 原告400人超えた

拉致問題 被害者家族会が蓮池透さんの退会発表(毎日新聞)
社民党、同意人事案に賛成の方針決める(産経新聞)
政倫審開催を中野会長に要請=自公(時事通信)
仕分け、1年生議員を活用(時事通信)
医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」(医療介護CBニュース)

鍵貸与は「掃除のため、問題ない」中井氏が見解(読売新聞)

 「週刊新潮」4月1日号で、衆院赤坂議員宿舎のカードキーを知人女性に貸与していると報じられた中井国家公安委員長は25日の定例記者会見で、「女性とは6年ぐらいの付き合い。週1回、部屋の掃除に来てもらうために、4枚あるカードキーのうちの1枚を渡していた。宿舎の規則上も問題はない」と述べた。

 進退について問われると、「(辞めるつもりは)全然ありません。思ってもいない」と語気を強めた。

 中井氏は1998年に妻と死別。赤坂議員宿舎には一昨年の4月から入居しているという。

 中井氏は会見に先立ち、官邸を訪れて平野官房長官に経緯を説明し、「私事でお騒がせしています」と陳謝したという。

北教組「校長交渉」の文書入手 「学テ公表するな」「異動は組合尊重」(産経新聞)
参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング−民主(時事通信)
県内限定の幕の内弁当を試食=熊本〔地域〕(時事通信)
【ゆうゆうLife】病と生きる 学習院大学名誉教授 篠沢秀夫さん(76)(産経新聞)
会議欠席に批判噴出=生方氏「出る必要ない」−民主(時事通信)

<強風>21日夕にかけて20メートル超す風も(毎日新聞)

 日本海の低気圧が急速に発達しながら北東に進む影響で、21日夕にかけて全国的に非常に強い風が吹くと予想される。気象庁は暴風や高波への警戒に加え、黄砂への注意も呼びかけている。

 気象庁によると、予想される最大風速は東日本と北日本の海上で25メートル、陸上で23メートル。波の高さは6メートルの見込み。低気圧の通過後は、一時的に強い寒気が流れ込むと予想される。

【関連ニュース】
野焼き:ボランティアの男性3人死亡 静岡・東富士演習場
クレーン横転:病院建設現場で1人死亡、3人重傷 長野
桜開花:東京・日比谷公園でソメイヨシノ咲く
梅:偕楽園の3000本が満開 水戸
気象庁:データ誤入力で民間機が着陸やり直す 松本空港

振り込め詐欺「キング」判決で裁判長が間違い(産経新聞)
<入札>導入したら歳入70倍に 自販機設置で岐阜県(毎日新聞)
スーツ姿で空き巣200件 容疑の無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)
立山黒部アルペンルート 雪原にくっきり「蛇」(毎日新聞)
<将棋>久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け(毎日新聞)

生方氏解任、党にダメージ=「議論の場つくる」と強調−民主・細野氏(時事通信)

 民主党の細野豪志副幹事長は21日、テレビ朝日の番組に出演し、党執行部が小沢一郎幹事長を批判した生方幸夫副幹事長の解任を決めたことについて「トータルに見たときに民主党にとってはダメージがあった」との認識を示した。その上で、生方氏に「自由に議論をする場をもう一度つくるから協力してほしい」と呼び掛けた。
 生方氏は同番組で「これで萎縮(いしゅく)したらもう民主党はおしまいだ」と強調。同党の小宮山洋子衆院議員も「鳩山由紀夫首相も党のことは全部小沢氏に任せるのではなく、しっかり見ないと(いけない)」と苦言を呈した。
 また、安住淳衆院安全保障委員長は、小沢氏の進退について「今の状況が続くようだったら、自身で判断していただくしかない」と自発的辞任を検討すべきだとの考えを示した。 

<B型肝炎訴訟>原告団が和解勧告受け入れ確認(毎日新聞)
「グーグルのやり方に強い不満と怒りを感じる」 中国政府当局者(産経新聞)
<岡田外相>「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求(毎日新聞)
<原口総務相>自殺報道照会「今後、十分に注意」(毎日新聞)
JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)

<廃棄輸入義務米>バイオ燃料など有効活用を検討(毎日新聞)

「文芸春秋」で名誉棄損、外務副大臣が提訴(読売新聞)

 月刊誌「文芸春秋」の記事などで社会的評価を低下させられたとして、福山哲郎外務副大臣が、出版元の文芸春秋や執筆者らに計1650万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こしていたことがわかった。提訴は12日付。

 訴状によると、同誌2月号は、地球温暖化問題を巡る福山氏の姿勢について「多額の負担を強いられる国民への配慮は見られない」などと報じた。福山氏側は「様々な利害関係者から意見を聞き、国民に配慮している」と主張している。

 文芸春秋は「訴状を見ておらず、コメントは出せない」としている。

雑記帳 センバツの東海大望洋にハバノリ贈る 千葉(毎日新聞)
火遊び火災続発 ライター規制検討も…課題山積(産経新聞)
主に陸で活動した両生類=3億年前の化石発見−米国(時事通信)
<名古屋食肉公社>債務12億円、銀行が免除へ 市が表明(毎日新聞)
沖縄知事「陸上部移設は理解不能」…官房長官に(読売新聞)

<構造計算偽装>「耐震性なし」の判定は横浜の1件のみ(毎日新聞)

 横浜市の分譲マンションの構造計算を偽装した「藤建事務所」(埼玉県八潮市)が関与した全国の物件を調査していた国土交通省は8日、調査結果を公表した。全104物件のうち構造計算書の偽装が6件、書類の不備が12件、問題なしが86件で、耐震性がなかったのは構造計算の偽装6件のうち横浜のマンションのケースの1件だけだった。このマンションは既に工事が中止され、計画を策定し直して現在施工中。偽装した遠藤孝・1級建築士の処分については国交省が中央建築士審査会の同意を得て決定する。

<普天間移設>「あくまで国外」 社民6都道県連、党本部に(毎日新聞)
「名に恥じない仕事を」 首相、祖父の墓前で報告(産経新聞)
誤給油故障、後絶たず… セルフ式は慎重に(産経新聞)
国後沖銃撃、僚船14隻も船位装置停止認める(読売新聞)
工場火災 東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし(毎日新聞)

雑記帳 大分大5年生 人気のタマ(毎日新聞)

 大分大旦野原キャンパス(大分市)にすむ雌の野良猫・タマが、昼寝場所やえさを求め研究室などに出没。学生たちの「なごみキャラ」として人気を集めている。

【こちらは猫の駅長】和歌山電鉄貴志駅の猫の駅長「たま」

 教養教育棟付近で暮らす名物猫。学生センター玄関で丸くなる姿から「警備係」の肩書も持つ。人懐こく悪さもしないため、職員も「外に出さずに見守る日々」という。

 首輪を新調されるなど充実の大学生活も既に5年以上。卒業の季節もどこ吹く風のタマだが、大学関係者は「学生の皆さんは、留年せずに卒業して」。【小畑英介】

【関連ニュース】
【写真で見る】人間と共生する猫たち 十猫十色で悠々自適
【楽コレ】アナクロですが<その9> 猫が笑う日
世界の雑記帳:けがして拾われたリス、飼い猫から乳もらう
どうぶつナビ:猫ともっと仲良くなりたい

電車内で男子中学生に痴漢 大阪市立小の男性教員を逮捕(産経新聞)
岡田外相が北海道訪問 政権発足半年、北方領土進展なし(産経新聞)
<東大地震研>浅間山の内部構造再現 素粒子使い立体的に(毎日新聞)
吉川英治文学賞に重松清氏(時事通信)
トヨタの公聴会対応「良かった」=鳩山首相(時事通信)

<アカデミー賞>長編アニメ賞に「カールじいさん」(毎日新聞)

 【ロサンゼルス吉富裕倫】第82回アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー主催)の授賞式が7日夕(日本時間8日午前)、ロサンゼルスのコダックシアターで始まった。助演男優賞には「イングロリアス・バスターズ」に出演したオーストリア人俳優のクリストフ・バルツさん(53)が選ばれた。第二次大戦中にフランスを支配したナチスの冷酷な大佐を演じた。長編アニメーション賞は、作品賞にもノミネートされている「カールじいさんの空飛ぶ家」が受賞した。

 今回は、ジェームズ・キャメロン監督が最新の映像技術を駆使して製作した3D映画「アバター」と、キャスリン・ビグロー監督がイラク戦争の爆弾処理班を描いた「ハート・ロッカー」が最多の9部門でノミネート。2人の監督は元夫婦で、その“対決”が関心を呼んでいる。

 「ハート・ロッカー」のニコラス・シャルティエ共同プロデューサーは、アカデミー会員に電子メールで投票を呼びかけ、ライバル映画をけなしたため、ルール違反の罰則として出席を拒否された。

【関連ニュース】
米アカデミー賞:会員に「ハート・ロッカー頼む」とメール
アカデミー賞:作品賞のノミネート倍増し10本に
アカデミー賞:元夫婦対決?「アバター」対「ハート・ロッカー」は? 授賞式の見どころ
アカデミー賞:「トワイライト」クリスティン・スチュワートら若手俳優がプレゼンターに
マリエ:1億5000万円のジュエリーで「トイレまでSPが」 アカデミー賞特別番組発表

<民主党>政調復活へ41人会合 小沢体制に反発(毎日新聞)
コンテナ積み方周知へ、トレーラー横転で新法案(読売新聞)
補償交渉、10年で終了=5人死亡、64人重軽傷−日比谷線脱線事故(時事通信)
<野口飛行士>宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に(毎日新聞)
首相「国民欺かない」 参院予算審議スタート(産経新聞)

北教組事件 小関容疑者「5区担当は15年前から」(産経新聞)

 北教組書記長の小関顕太郎容疑者(54)は、産経新聞が初めて小林千代美氏側への資金提供疑惑を報じた先月15日に取材に応じ、資金提供を否定していた。一問一答は以下の通り。

 −−北教組内に裏金はあるのか

 「ない。何を指して裏金というのか。基本的にはない」

 −−北教組側が、選挙資金として1600万円を小林陣営に渡したことを把握していたか

 「突然の報道でびっくりしている。把握していない。火のないところに煙は立たないので事実関係も含めて組織できちっと調査して然るべき対応をしたい。私自身としては何かから逃げるようなことはしない」

 −−なぜ北教組は小林氏の選挙を担当するのか

 「(小林氏が初出馬した)平成15年の選挙で、各労組の担当選挙区を決めた際、北教組が(小林氏の)5区の担当となった。以降は前例踏襲だった」

 −−小林氏の選挙は北教組の丸抱えだったという指摘がある

 「丸抱えといっても連合みんなで(選挙活動を)やっているし、私たちも5区だけじゃなく、ほかの選挙区に手伝いに行っている」

【関連記事】
北教組幹部逮捕 日教組書記長「法令遵守呼び掛けたが残念」
北教組幹部逮捕は「参院選に影響」 民主道幹事長、2人擁立は堅持
北教組幹部逮捕「非常に残念」 資金提供受けた民主・小林議員
鳩山首相が公立学校教職員への罰則検討を指示 北教組幹部の逮捕受け
北教組幹部ら逮捕 民主議員陣営に1600万円の不正資金提供
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

「金地金買った」と代金詐取未遂=容疑で組幹部ら2人逮捕−警視庁(時事通信)
原口総務相 新人議員向けの勉強会開く(毎日新聞)
韓国で男逮捕=東京・新宿の指輪強盗−警察当局(時事通信)
普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」(産経新聞)
<JR東海道線>尼崎駅構内で信号故障 一部で運転見合わせ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。